[PR]

 2012年ロンドン五輪金メダリストで、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級1位の村田諒太(31=帝拳)が12日、東京都内の所属ジムで2ラウンドのスパーリングなどを公開した。22日に東京・両国国技館である同級王者アッサン・エンダム(仏)との再戦を控え、「倒したい。ただ、簡単な試合にはならない」と気を引き締めた。

 5月の初対戦では終始攻め続けたが、不可解な判定負け。その内容から今回は「勝って当たり前」の重圧もかかるが、村田は「そういう気はこの5カ月間で生まれたことはない」と語った。

 陣営は前回同様、動き回るエンダムを村田が追いかける展開を想定しつつ、相手が打ち合ってくることも頭に入れる。ジムの浜田剛史代表(56)は「実力は紙一重。どんな展開でも慌てず対応する」と話した。

こんなニュースも