[PR]

 生活の足として。レジャーやスポーツとして。日ごろ利用している人にとっては「乗れて当たり前」の自転車だが、乗り方を覚える機会を逃したまま大人になった人たちもいる。「私たちも風を切って走りたい」。そんな大人の女性のための合宿を訪ねてみた。

 静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター。2020年の東京五輪・パラリンピックで自転車競技会場となる「伊豆ベロドローム」があることで有名だ。

 9月末の土曜の午前。30~60代の女性7人が、緊張した面持ちで屋内練習場に集まった。40年以上前から年数回、1泊2日で開いている「女性のための自転車教室」だ。

 「スタンドは必ずロックをかけて」「ブレーキは左手(後輪)から」……。基本動作の説明の後、まずは自転車を押して大きな弧を描きながら歩く。次に自転車にまたがり、両足で床をけって進む。

 すぐにコツをつかんだ人もいれば、スピードに乗れずよろける人も。「難しいですね」。短い会話が交わされるようになった頃、昼の休憩になった。

 「乗れないこと、必死で隠してる」「分かる! 『自転車通勤しないの?』って聞かれると『歩くの好きだから』ってごまかしてる」「乗れない人とこんなにいっぺんに会えるなんて夢みたい」。用意されたサンドイッチを食べながら、距離はすぐに縮まった。

 なぜ、これまで乗れずにきたのか。

 東京から参加した30代の女性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら