[PR]

 参加者が本を紹介し合い、どの本が一番読みたくなるかを競う「ビブリオバトル」が14日午後2時から、長崎市尾上町のアミュプラザ3階のメトロ書店で行われる。

 長崎ウエスレヤン大学図書館が主催。同大の読書好きの学生や書店員が「バトラー」として参加し、本を5分間ずつ紹介。来店した人に一番読みたくなった本を投票してもらう。当日、本の紹介をしたい人がいたら、飛び入りでの参加(先着1名)も可能という。

 ビブリオバトルは「知的書評合戦」とも呼ばれ、大学生の全国大会が開かれるなど、人気が広がっている。同大では数年前から学内のイベントで開催。書店とコラボするのは今回が初めてという。同大図書館の担当者は「学生が本について語っているところを見てもらい、読書離れに歯止めがかけられるようアピールできれば」。問い合わせは同大図書館(0957・26・8203)。