[PR]

 12日の東京株式市場は、前日に20年10カ月ぶりの高値をつけた日経平均株価がさらに値上がりした。終値は前日より73円45銭(0・35%)高い2万0954円72銭で、8営業日連続の上昇になった。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同3・32ポイント(0・20%)高い1700・13。出来高は15億3千万株。

 前日の米ニューヨーク株式市場の株高を受け、幅広い銘柄で値上がりした。日経平均は午後の取引開始直後に一時、2万0990円を超え、第2次安倍政権発足後の取引時間中に記録した最高値(2015年6月24日の2万0952円71銭)を上回った。

こんなニュースも