[PR]

 JR東海が12日正午、役目を終えた新幹線の座席や銘板などのグッズ販売を専門サイトで始めたところ、開始早々に大半の商品が売り切れた。24種類の商品約400点を用意したが、午後3時現在で「700系座布団」しか残っていない。

 同社の担当者によると、正午の販売開始から数十分以内に新幹線乗務員用懐中時計(1万8千円)、グリーン車の座席(8万円)など、大半の商品が売り切れになったとみられる。

 同社は今後も新幹線の車両廃止に合わせ、グッズ販売の機会を設ける予定だ。(根岸拓朗)