[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦に臨み、星野良生(よしたか)四段(29)に勝った。全10局ある戦いを5連勝で折り返し、一つ上のC級1組への昇級に向けて前進した。

 C級2組は、名人戦につながる順位戦(全5クラス)の中で最も下のクラス。初参加の藤井四段は、先輩棋士を相手に白星を積み重ねている。この日は、星野四段の中飛車に対し、先に敵陣に攻め込んで優位を築き、勝ちきった。「いい星取りで折り返し地点を迎えられた。これからも一局一局頑張りたい」と話した。今期参加の50人のうち上位3人の成績を挙げれば昇級できる。

 藤井四段の通算成績は46勝6敗となった。次の対局は王位戦の予選で、19日に大阪である。(村瀬信也