[PR]

 西日本新聞社(福岡市)は13日付朝刊に社告を掲載し、宮崎、鹿児島両県内での西日本新聞と西日本スポーツの発行を来年3月31日付で休止すると発表した。

 同社広報部によると、西日本新聞朝刊の九州全体での平均発行部数(昨年1~6月)は約65万8900部で、昨年4月の宮崎県内の部数は1373部、鹿児島県内は914部。取材拠点は残す予定だが、記者の数は減らし、宮崎県の延岡支局、鹿児島県の川内(せんだい)支局は閉鎖する方針。

 同社は「発行部数減による広告収入の減少が大きな要因。デジタル化を迎え、発行エリアの見直しを進めていた」としている。

 同社は2009年3月31日付で山口県内での発行を休止している。