[PR]

 出産の際の痛みを麻酔で和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」の際に母子に重い障害が残ったとして、京都府警は13日、京都府京田辺市の「ふるき産婦人科」の男性院長を業務上過失致傷の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。

 送検内容は、院長が2012年11月、同医院で出産をしようとしたロシア国籍のエブセエバ・エレナさん(40)に無痛分娩のための麻酔をしたところ、エレナさんを一時意識不明にさせ、重い障害が残ったというもの。搬送された別の病院でエレナさんが出産した長女みゆきさん(4)にも、重い障害が残った。

 エレナさん側が今年8月、院長を同容疑で府警田辺署に刑事告訴していた。府警は公訴時効を来月に控え、捜査を進めていた。昨年12月にはエレナさんの夫(55)らが同医院に約9億4千万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴、医院側は争う姿勢を示している。