【動画】羽田空港で公開された「顔認証ゲート」=北村玲奈撮影
[PR]

 法務省は13日、羽田空港の出入国審査手続きで導入する顔認証技術を使った自動の「顔認証ゲート」を報道陣に公開した。18日から羽田空港で日本人の入国手続きにかぎって運用を開始。来年度から成田、関西、中部、福岡の各空港でも、日本人出入国手続きに使用される予定だ。

 公開された顔認証ゲートは、羽田空港国際ターミナルの上陸審査場に設置された3台。旅券から読み取った顔画像と、その場で撮影した旅客の顔画像を照合する仕組み。同省職員の実演では、10秒ほどで認証が終わり、ゲートが開いた。帽子やマスクなどをつけていた場合は、ゲートが開かなかった。

 入国審査ではこれまで、各ゲートの審査官が旅客を1人ずつ確認していた。顔認証ゲート導入後は、1人の審査官が複数のゲートを同時チェックできるようになる。同省は旅客の待ち時間の短縮や、テロ対策の強化につながる、としている。(小松隆次郎

関連ニュース