[PR]

 仏高級ブランド「エルメス」の職人技を紹介する「エルメスの手しごと展“アトリエがやってきた”」が14日、福岡市のJR博多シティで始まる。海外の職人たちによる実際の作業の様子を目の前で見られる展示だ。日本では東京・表参道、名古屋に続く3会場目。

 13日、報道関係者向けの内覧会があった。「皮革職人」のコーナーでは、エルメスの看板商品「ケリー・バッグ」を作る職人が道具を並べ、革を貼り合わせて持ち手部分を作っていた。会場では計10種類の手仕事を見学でき、通訳を介して質問もできる。

 展示は19日までの午前11時~午後7時(入場は30分前まで)。入場無料。(山下裕志)