[PR]

 巨人は13日、村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。村田は現役続行を望んでおり、球団は自由契約とした。通算2千安打へ残り135安打に迫っている村田は、6年間在籍した巨人を離れて大台をめざすことになる。

 この日、都内のホテルで村田と面談した鹿取ゼネラルマネジャー(GM)は「まだ十分に戦力となる選手だが、チームの若返りを図るために苦渋の決断をした。FA移籍では補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。これだけ貢献してくれた選手に対するせめてもの誠意です」と説明した。

 村田は日大から2002年秋のドラフト自由枠で横浜(現DeNA)入団。12年にフリーエージェント(FA)で巨人へ移籍し、リーグ3連覇に貢献した。だが、1年契約で臨んだ今季はマギーの加入で出場機会が減少。規定打席には届かず、118試合の出場で打率2割6分2厘、14本塁打、58打点だった。前半戦は代打での起用が多く、「(起用法について)いろいろ思うところはある」と漏らすこともあった。

 村田はプロ15年間で通算1865安打、打率2割6分9厘、1123打点。本塁打は現役選手で2番目に多い360本塁打を放っている。