[PR]

 13日午後2時20分ごろ、埼玉県久喜市菖蒲町上大崎の星川で、「友だちが流されたと中学生が言っている」と通行人から110番通報があった。消防が出動し、約1時間後に川の中に沈んでいる少年を見つけたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警久喜署によると、少年は久喜市内の市立中学3年生の下斗米(しもとまい)春弥さん(14)。調べでは、この川にかかる橋でよく釣りをしており、友人と一緒に橋の下を掃除中、橋脚に付いたゴミを流そうとして歩いて川に入り、流されたという。