[PR]

 「(日本の財政健全化策について)もし、アドバイスするとすれば、悲しいことに選挙で来られなかったよき友のアソウ(麻生太郎財務相)なんだが……」

 ワシントンであった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、日本が財政健全化目標の先送りを表明したことについて、ドイツのショイブレ財務相は13日、会議終了後の会見でこう語り、日本の財政について「直言」できなかったことを残念がった。

 2009年から財務相を務めてきたショイブレ氏は一貫して規律ある財政運営を進め、他国にも構造改革を求めてきた。独連邦議会の議長候補になるために財務相を退任する意向を明らかにしており、質問に一度は論評を拒んだ。

 だが、それでは収まらなかったようで、G20やG7で交流を深めた麻生氏がいれば、一言言っておきたかった、との思いをにじませた。(ワシントン=福田直之)

こんなニュースも