[PR]

 試合中、微妙な判定があったと思う。とはいえ異様な監督会見だった。

 明治安田生命J1リーグのセレッソ大阪戦があった15日のベアスタ。1―2で敗れたフィッカデンティ監督は「試合をぶち壊された」と13分間にわたり審判批判をまくしたて、質問を受けずに席を立った。

 監督が特に問題にしたのは後半序盤、FWイバルボがペナルティーエリアで相手と接触、倒れた場面。主審がPKを採らなかった。

 判定について問われたMF福田…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら