[PR]

 戦前の日本の工業化や戦後の高度経済成長の礎となった石炭産業。その研究者たちが全国から集まる催しが20~23日、かつて炭鉱で栄えた宇部、山陽小野田、美祢の3市で開かれる。

 石炭関連の研究者による研修交流会は2011年以来、主要な旧産炭地の持ち回りで毎年開催されてきた。今回は宇部最後の炭鉱が閉山してから50周年にあたるのを記念して、3市が開催地に選ばれた。

 宇部市には「山炭生(やまたぶ)」と呼ばれる全国的にも貴重な江戸時代の採掘跡が残る。山炭生の保存活動に取り組む地域住民も参加し、研究者らと交流を深める。

 近年は長崎市沖にある海底炭鉱…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら