[PR]

 福岡県太宰府市の山中にアイドルグループ「AKB48」のCD585枚を捨てたとして、県警は16日、同市の会社員の男(32)を廃棄物処理法違反容疑で書類送検した。筑紫野署への取材でわかった。「選抜総選挙の投票券を抜いた後の処分に困って捨てた」と話しているという。

 筑紫野署によると、男は6月10日、太宰府市内の山中にシングルCD585枚を捨てた疑いがある。

 AKB48の選抜総選挙は、CDに付属するシリアルナンバーを専用のサイトに入力することで、好みのメンバーに投票できる。得票数が多いメンバーが、次のシングル表題曲を歌うメンバーに入れる仕組みだ。

 CDは千葉県の男性が、6月に沖縄県であった選抜総選挙のために購入。入力作業の協力をLINEで呼びかけ、男らファン仲間4人が応じた。大分県の男性に約1千枚(段ボール約20箱分)が届いた後、4人は6月9日に福岡県那珂川町の公園で開封。男は引き取った段ボール11箱分を車で持ち帰る途中に廃棄した。

 6月12日朝、山を散歩中の住民が見つけて通報。段ボールには千葉や大分の男性の連絡先などが書かれていたという。(中西皇光)