[PR]

 青森県三沢市の沖合で17日夕、米海軍から「海軍の電子戦機EA18Gの機体に不具合が生じたため燃料タンクを海に捨てた」と、防衛省に連絡があった。同省によると、投棄した場所は、米軍訓練場の沖にある一般の船の出入りが禁止されている海域。現在までに被害は確認されていないという。海上保安庁は周辺を航行する船に注意を呼びかけている。