【動画】集団登校の列に車突っ込み6人けが 大阪・枚方=依知川和大撮影
[PR]

 18日午前8時10分ごろ、大阪府枚方(ひらかた)市上野1丁目の市立殿山第一小学校近くの市道で、乗用車が集団登校中の児童の列に突っ込んだ。府警と枚方寝屋川消防組合によると、同小1~6年の男女5人と、その後ろを歩いていた同小の隣の中学校に勤める女性教員(55)が頭や腕などにけがをした。いずれも意識はあるという。

 府警は、車を運転していた同市上島町、無職北牧(きたまき)貴昭容疑者(21)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。「前を歩いていた子どもたちに気づかなかった」と供述。事故直後には府警に対して「(太陽の光が)まぶしかった」とも説明していたという。北牧容疑者はこの日、大阪市内から帰宅する途中だったという。今年3月に車の免許を取得したばかりだった。

 枚方署によると、現場は制限速度20キロで、幅約6メートルの生活道路。小学校の南西角にあるコインパーキング前の幅約1メートルの路側帯を東に向かって歩いていた児童らの列に、後方から北牧容疑者の車が突っ込んだという。小5の女児(10)と小4の男児(9)の2人は骨折などの重傷の疑いがある。事故直後に、北牧容疑者の同乗者の男性が110番通報した。

 現場は京阪御殿山(ごてんやま)駅の東約500メートルの住宅街。

 息子が同小に通う女性(44)は「男児2人が担架で寝ており、別の児童2人が大人に抱っこされていて、声掛けにはうなずいていた。身近な場所でこんなことが起こるなんて」と話していた。女性によると、現場は抜け道になっていて通学時間の車の通りが多く、最近も車同士の事故があったという。別の保護者の女性(39)は「以前にも子どもに車が接触する事故があって、保護者の間では危ないという話になっていた。起こるべくして起こった事故だと思う」。現場の目の前に住む男性(66)は「『ドン』という音が聞こえて、防犯ブザーが鳴っていた。外に出ると、顔から血を流した男児が『痛い、痛い』と泣いていた」と話した。