[PR]

 沖縄県東村(ひがしそん)高江の民有地で不時着炎上した大型輸送ヘリコプターCH53Eの同型機が18日、再び沖縄の空を飛び交った。事故から1週間。原因の十分な説明がないままの飛行再開に、沖縄では米軍や日本政府への不信感が高まっている。

 CH53Eはこの日、普天間飛行場を複数回にわたって離陸し、事故が起きた高江付近の上空を飛ぶ姿も確認された。

 「もう、あきらめしかないね」。事故現場となった牧草地の所有者、西銘(にしめ)晃さん(64)はつぶやいた。「防衛相が事故原因がわかるまでの飛行停止を求めてもこれだ。米軍は、誰の言うことなら聞くのかね」

 県町村会の首長らは18日午後、在沖米海兵隊司令部のあるキャンプ瑞慶覧(ずけらん、北中城村など)を訪れ、事故原因の究明や再発防止、住宅地の上空や早朝夜間の飛行禁止など文書で6項目について要請した。応対した在沖米海兵隊のクラーク大佐は「誠意をもって対応する」と答えたという。

 要請には仲嶺久美子・高江区長も同行。「住民の傷も癒えないうちに飛行を再開したことを、みんな不安に思っている」と伝えたが、米軍側は「(在沖米軍トップの)ニコルソン中将が安全だと判断した」「初期段階の調査で問題はなかった」と答えたのみで、事故原因についての説明もなかったという。

 仲嶺さんは「(米軍は)友達だと言いながら、演習のことばかり考えている。自分たち本位だ」と話した。

 衆院選さなかの飛行再開に、選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら