[PR]

 神戸製鋼所が製品の検査データを改ざんしていた問題で、工業品が安全かなどを示す日本工業規格(JIS)の認証機関が同社子会社に立ち入り検査に入っていたことが20日わかった。検査の結果、JIS法違反が認められれば、認証が取り消される可能性もある。

 一般財団法人「日本品質保証機構」が19日から検査に入った。神戸製鋼をめぐっては、アルミや銅製品などの性能データを改ざんして製品を出荷したことが明らかになっており、機構は一部の製品や品質管理体制がJIS法で定める水準を満たさない可能性があると判断した。(伊藤舞虹)