[PR]

 反戦川柳作家、鶴彬(1909~38)の作品や生き方を通して人権や平和について考えるシンポジウム「今、鶴彬から学ぶこと」が21日、金沢市香林坊1丁目の県教育会館で開かれる。

 主催は「鶴彬を顕彰する会」(かほく市高松)。パネリストにドキュメンタリー映画「鶴彬こころの軌跡」を制作、脚本を手がけた映画監督の神山(こうやま)征二郎さん、鶴が生前に作品を投稿していた雑誌「川柳人」を主宰する川柳作家の佐藤岳俊さん(岩手県)、かほく市高松の浄専寺住職、平野喜之さんらを招く。

 同会幹事で司会を担当する寺内徹乗(てつじょう)さんは「日本が戦争へ突き進んだ歴史を学ぶことは平和を考える一歩になる」と話す。

 午後1時半~午後4時。入場無…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら