[PR]

 兵庫県南あわじ市の離島・沼島(ぬしま)で21日午前、衆院選の投票が始まった。台風21号の接近に伴い、投票日が1日前倒しされた。住民たちは一足早く、港近くの沼島総合センターの投票所で一票を投じた。

 沼島は淡路島の南にあり、約4キロの航路を定期船が約10分で結ぶ。本来の22日に投票すると、台風の高波で投票箱を淡路島の開票所へ運べなくなる恐れがあるため、県選挙管理委員会が前倒しした。市選管はチラシや屋外スピーカーで事前に住民に投票日の変更を知らせた。14日現在の沼島の選挙人名簿登録者数は429人。(吉田博行)