[PR]

 大型で強い台風21号は23日ごろ、日本列島に上陸する恐れがある。気象庁によると、台風の接近に伴って前線が活発化し、21日以降、西日本から東日本で激しい雨となる。投票日の22日は荒天が予想されるため、同庁は期日前に投票を済ませるよう異例の呼びかけをした。

 台風21号は20日正午時点で、フィリピンの東を時速15キロで日本に向かって進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。今後も北上を続け、23日午前には本州付近に上陸する恐れがある。

 日本の南に停滞する前線に台風から湿った空気が流れ込む影響で21日以降、沖縄から東日本の広い範囲で大雨になる。気象庁の松本積(つもる)・主任予報官は「事前に投票を済ませた方が安全。どうしても当日投票に行く場合は、その日、その時の状況で安全を確認してほしい」と話した。

 また、日本の太平洋側を流れる黒潮が大蛇行している影響で、静岡、愛知両県などでは、潮位が普段より20~30センチほど高くなっている。台風の接近でさらに潮位が上がる可能性があり、同庁は浸水被害などへの警戒も呼びかけている。(山本孝興)