[PR]

 神戸製鋼所は、アルミ・銅製品をつくる長府製造所(山口県下関市)で、昨年の不正発覚を受けた自主点検の際に、顧客企業と約束した製品の基準をはずれた寸法となっていたのにもかかわらず、報告せずに発覚を免れた事案があったと発表した。今回の緊急検査の際にも報告をせずにいたという。管理職を含むグループ従業員が関わっていた。同社は「点検妨害行為」とみて、詳細な事実関係の確認を行ったうえで、厳正に処分するという。

 これに伴い、社外の有識者のみで構成する外部委員会を設置して、原因究明と再発防止策を検討する。

 また、鉄鋼製品の厚板加工品で新たにデータ捏造(ねつぞう)などが見つかった。