[PR]

 台風21号の影響とみられる停電のため、22日夜から運転を見合わせていた東海道新幹線は23日未明、岐阜羽島―米原駅間の運行を再開した。

 JR東海によると、停電は22日午後10時過ぎに発生。両駅間にある関ケ原トンネルでの漏水が原因とみられ、23日午前4時半に復旧した。同日午前6時半現在、上下線で計42本が最大約8時間遅れ、約2万4千人に影響が出ているという。

 岐阜羽島―米原駅間で足止めとなった「のぞみ」に乗っていた乗客は、23日午前6時すぎに新大阪駅に到着した。名古屋の実家から帰る途中だった大阪府吹田市の会社員岡本紀裕さん(42)は「家に帰ってすぐに出社です。せめて午後は休ませてもらいたい」と疲れた様子。車内販売の飲み物はすぐに売り切れ、子どもの泣き声なども聞こえたという。

 在来線のダイヤも大きく乱れて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら