[PR]

 6選を目指し、希望公認で山形2区に立った近藤洋介氏(52)は22日夜、小選挙区で落選した後、比例復活もできないことが判明し「(希望は)一度、解党した方がよろしい」と語った。

 近藤氏は2003年に旧民主党から立候補し、初当選。以来5期連続で当選を果たしてきた。小選挙区での勝利は09年の1度だけ。民進党県連会長だったが、「安倍1強政治を倒す、この1点で納得した」と希望の公認を受けていた。

 雨の23日朝、地元の山形県米沢市内で演説した近藤氏は、報道陣に対し「(希望の党は)現状だと国民の信任を得ているとは言えない。しっかりと体制を整えないといけないという意味も込め、解党すべきだと言いました」と心の内を明らかにした。