[PR]

 iPS細胞を使って心臓の立体組織を作り、不整脈の複雑な特徴を再現することに、京都大と滋賀医大などの研究グループが成功した。京都大iPS細胞研究所が23日発表した。新しい治療薬の開発などに役立つと期待される。

 京都大の山下潤教授(幹細胞生物学)らの研究グループは、ヒトのiPS細胞から心筋細胞と、細胞同士のつなぎ役となる間葉系細胞の2種類を作製。これらを混ぜて培養、心臓の立体組織(直径8ミリ、厚さ50~80マイクロメートル)を作った。

 この立体組織に薬剤を加えて、心筋が収縮する際の細胞の動きを観察したところ、突然死につながる不整脈の一種に特徴的な心電図の波形がみられた。新たな治療薬候補の安全性を調べるのに役立つ可能性があるという。

 国内の不整脈による突然死は年間2万人とされる。山下さんは「この組織を使うことで不整脈のより詳しい仕組みの解明を進めたい」という。論文は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。(西川迅)

こんなニュースも