[PR]

 自民党の石破茂・元幹事長は23日、鳥取市で記者会見し、来秋の自民党総裁選について「2回続けて無投票では、党員に責任を果たしたことにならない。自分として、その選択肢が示せるように一層努力をしたい」と述べ、立候補への意欲を改めて示した。

 自民大勝で安倍晋三首相が総裁3選に一歩前進したとの見方が広がる中、首相への対抗心を示した形だ。

 石破氏は今回の選挙結果について「希望の党というだけで拒絶反応が起きた」「野党がバラバラになれば(自民が)強い」と分析。「信認を受けたと考えるのは早計だ」と首相を牽制(けんせい)した。

 地方での人気は高いが、国会議員の支持票が広がっていないことが課題とされる石破氏。今回、石破派所属の議員は全員当選したものの、人数は20人と小規模だ。総裁選に向けては派閥の拡大や、他派閥との連携が求められる。

 石破氏は派閥のメンバーから「一緒に飲んだことがない」と言われたことも披露。「(家で)この論文を読みたいなどの自分のこだわりは変えていく」と宣言し、「宴会の頻度を増やす」などと語った。(岩尾真宏)