[PR]

 政府は24日、雅楽の芝祐靖(しばすけやす)氏(82)、光化学・電気化学の藤嶋昭・東京大名誉教授(75)ら5人に文化勲章を贈ることを決めた。文化功労者には歌舞伎俳優の中村吉右衛門氏(73)=本名・波野辰次郎=、ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏(78)=本名・鈴木順子=、免疫学の坂口志文(しもん)・大阪大特任教授(66)ら15人を選んだ。

 文化勲章親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同6日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京である。

 ほかに文化勲章を受けるのは、洋画家の奥谷博氏(83)、中国史の斯波(しば)義信・大阪大名誉教授(87)、分子生物学の松原謙一・大阪大名誉教授(83)。

 文化功労者はほかに、彫刻家の雨宮敬子氏(86)、女流義太夫の竹本駒之助氏(82)=本名・上田悦子=、バレエダンサーの吉田都氏(51)=本名・遠藤都=、ウイルス学・国際貢献の喜田宏・北海道大名誉教授(73)、写真家の杉本博司氏(69)、厚生経済学・社会選択理論・学術振興の鈴村興太郎・一橋大名誉教授(73)、詩人の高橋睦郎(むつお)氏(79)、日本古代史の東野治之(とうのはるゆき)・奈良大名誉教授(70)、薬理学・生化学の成宮周・京都大名誉教授(68)、東京、メキシコ両五輪重量挙げ金メダリストの三宅義信氏(77)、有機合成化学の村井眞二・大阪大名誉教授(79)、行政学・地方自治論の村松岐夫(みちお)・京都大名誉教授(77)が選ばれた。

 文化勲章での雅楽と光化学・電気化学の受章、文化功労者で厚生経済学・社会選択理論・学術振興、行政学・地方自治論の顕彰は初めて。(後藤洋平