[PR]

 インターネット上で、自分が得意なことや持っている知識を提供するサービスを売り出したり、それを買ったりする「スキルマーケット」。利用者が増えているそうです。実際にどのようなもので、使う場合は何に気をつければよいのでしょうか。

 「子どものころからお絵かきが大好き」。会社員の中川紗弥佳さん(31)=東京都荒川区=は、産休に入った2016年3月から、スキルマーケット「ココナラ」でイラスト作成を請け負っている。それまで「お絵かき」でお金をもらったことはなかった。

 スキルマーケットでは、自分ができることをサイト上でサービスとして売り出し、購入者に選んでもらう。イラスト作成のほか、献立やファッションのアドバイス、旅先のおすすめスポット提案、占いなどの、比較的ニッチなサービスが並ぶ。価格は1件500円程度から。数千円までのものが多い。

 中川さんのイラストは水彩画のようなタッチ。SNSのプロフィル画像用の似顔絵や、個人営業の店の広告用イラストの注文が多い。買った人からお礼のメッセージが届いたり、リピーターになってくれたりすることが「すごくうれしくて、やる気がでる」。価格は1枚500~1千円。購入されると1件25%の手数料が運営者に渡る。受注量を調整しながら活動し、多いときは月に3万円ほどの収入になった。

 育休から職場復帰した後も、家…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら