【動画】「さくら」も「尾曲がり」も 長崎は猫のまち?=横田千里撮影
[PR]

 長崎市内を歩けば建物の陰から猫がひょっこり現れる。今年のノーベル文学賞に選ばれた英国の小説家カズオ・イシグロさんも、出身地・長崎を舞台にした作品で「野良猫が多い」と書いている。猫のゆるキャラに、猫をモチーフにした雑貨店も。長崎は猫のまち?

しっぽの曲がった猫が8割

 長崎では、まちの猫とふれあう「ねこさるく」が人気だ。さるくとは長崎弁でまちをぶらぶら歩くこと。企画する「長崎猫倶楽部」の神徳(じんとく)典子さん(47)によると、年6回ほど開催し、15人の定員はいつも満員でキャンセル待ちになる。関東からの参加者やリピーターも多い。「2時間ほど歩くと、30匹、40匹と出会えるので驚かれます」

 猫が多い理由には独特の地形が挙げられる。車が入り込めない坂道や小道、階段が多く事故に遭いにくい。入りくんだ住宅街には人間に隠れて子育てをする場所も多い。一方で、その数の多さから、猫をめぐって住民間のトラブルが起きることもある。

 倶楽部では住民の相談に乗り、避妊・去勢手術代の補助をするなどして、街で猫を共同管理する「地域猫」の活動をすすめる。市内のある地区では、この取り組みが奏功。以前は20~30匹の猫がいて、通りにフンの臭いが漂い、猫好きと猫嫌いの人の間でぎくしゃくしたこともあった。だが、住民らが動き、えさやトイレの場所を決めて、フンも除去。活動を通じ、猫を介したコミュニティーも生まれたという。

 街中では、耳の先端に切り込みが入った猫も見かける。避妊・去勢手術をした印で、耳の形が桜の花びらのように見えるため「さくら猫」と呼ばれる。「印を見て手術していることが分かると、猫嫌いの人も優しい気持ちになれる」と神徳さんは説明する。

 しっぽが曲がった「尾曲がり猫」も、長崎の猫の代名詞だ。パンダのように丸いもの、太くて短いもの、途中で折れ曲がっているものも。京都大の野沢謙名誉教授の研究によると、こうした猫の割合は日本全体で4割ほどだが、長崎県では約8割。アジアでは南に行くほど割合が高く、インドネシアでは9割近くを占める地域もあるという。

 県内の経営者やライターで作る「長崎尾曲がりネコ学会」は、鎖国時代の長崎での貿易にそのルーツがあると推論する。日本の絵画で見られるのは江戸時代以降で、インドネシアに支店があり南蛮貿易をしていた東インド会社のオランダ船が、ねずみ駆除のために猫を乗せていたと考えられるからだ。

 学会長で「ネコーディネーター」の高島茂夫さん(66)は、「ルーツの地として、『尾曲がり猫』ではなく『長崎ねこ』という呼び名を浸透させたい」。学会では、グッズに「認定シール」をつけるなど、地域資源としての活用も目指す。航空会社と提携し、尾曲がり猫の勉強や探検をするツアープランを始めるなどの展開も予定している。

 猫人気の一方で、長崎では殺処分数の多さという大きな課題も抱える。長崎県の殺処分数は、2016年度に2740匹で全国最多。直近の数年も常に上位に入る多さだ。県は今年度から避妊・去勢手術を全額補助する件数を大幅に増やすなどの対策を進めている。

 ねこさるくのルートにもなっている長崎市の「かんざき食堂」を営む山下浩司さん(77)、博子さん(70)夫妻は大の猫好き。捨て猫を見過ごすことができず、猫好きの客らからカンパを募り、野良猫の避妊・去勢手術などに充てて、里親を探す。これまでに保護した猫は数え切れない。

 浩司さんは言う。「人間だけじゃなく、猫も幸せにならんといけんもんね」(田部愛)