会場の様子を【パノラマVR】で
[PR]

 カーシェア時代を想定した2人乗りの超小型モビリティーのコンセプト車を、トヨタ自動車子会社のトヨタ車体が、11月5日まで開催される東京モーターショーに出品している。

 車名は「ワンダー・カプセル・コンセプト」。車を所有していない夫婦や訪日外国人客の利用を意識している。運転席に座るとハンドルとペダルの位置が自動調整される。前面のスクリーンには、観光施設情報などがリアルタイムで表示され、慣れない土地でも安心して運転できる。超小型で駐停車もしやすい。

 トヨタ車体は、2000年から1人乗りの超小型モビリティー「コムス」を販売している。現在は配達用などに使われているが、用途を広げる狙いで2人乗りを検討したという。(高野真吾)