[PR]

 米タイヤ大手のグッドイヤーは、27日に開幕する東京モーターショーに、球形で人工知能(AI)も搭載したタイヤの試作品を出品する。自動運転やシェアリングの進化を見据え、「長持ちする賢いタイヤ」を探る。

 タイヤは直径60センチほどの球体。車の向きに関係なく前後左右へ自由に動けるので縦列駐車も簡単になる。車体は、磁気によってこのタイヤから浮かせる。通常のタイヤと比べて表面積が4倍ほどに増えるため、長く使えるという。

 搭載するAIは、路面やタイヤ表面の状況を判断。路面がぬれている時はタイヤの表面を凸凹に変形させて水はけを良くする。摩耗の少ない部分を使って走ったり、交換が必要と所有者に伝えたりする。

 今後、自動運転やシェアの進化で「無人タクシー」のようなサービスが普及すれば、そのクルマは稼働率が高くなり、タイヤの摩耗は早く進む。長く使えて交換時期を知らせるタイヤが実現すれば、重宝されそうだ。

 このタイヤは現在はイメージの段階。実用化の時期は未定という。(初見翔)

こんなニュースも