[PR]

 県内に大きな爪痕を残した台風21号からまもなく1週間。自宅が浸水被害にあった住民は片付けに追われ、いまも避難所で生活している人もいる。週末には台風22号が接近する見込みで、2週続けての台風で土砂災害の危険も高まっている。

 県内では新宮市や和歌山市、紀の川市などで住宅の浸水被害が出ており、自治体は被害調査を進めている。

 県危機管理局によると26日現在、いずれも速報値で床上浸水が1173棟、床下浸水が1010棟にのぼっている。新宮市で床上浸水が557棟、床下浸水が464棟と最も多く、和歌山市でも床上浸水が335棟、床下浸水が148棟、紀の川市では113棟が床上浸水し、60棟が床下浸水した。

 県は27日、新宮市に対し、被…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら