[PR]

 衆院選挙が終わって、おや、もう1週間たったか。ずっと曇り空が続いていたのが、ようやく秋晴れになる。暑からず寒からず、いいなあ、やっぱり秋の日差しは!

 なんて思っていると、さて、この間の選挙、いったい何がどうなったんだったっけ、何を議論したんだったっけ、と、ほとんど記憶に残っていないことに気づく。うん、安倍さんがこれからも総理大臣を続けるんだということだけはわかった。それ以上でもそれ以下でもない、そんな感じ!

 衆院選挙後には必ず、特別国会を開いて、首相指名選挙をしなければならない。そして少し会期をとって、これからどんな政治を進めるか、与野党の新構図のなかで議論をするものである。ところが、安倍さんはあんまり乗り気でないらしい。年内は来年度予算編成もあるし、来年1月からの通常国会で議論すればいいんじゃないか、そんな気持ちのようである。さて、どうなるか、なにしろ自民、公明の与党で313議席、全465議席の3分の2を制してしまったから、これからは、何かにつけ与党の言うとおりにコトは運ぶということになるのだろう。

 それでは、この総選挙で何が語…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも