[PR]

 東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオのホテル周辺で28日、車が爆発した。AP通信によると、爆発は複数回起きたといい、市民ら少なくとも13人が死亡、16人が負傷した。イスラム過激派シャバブは犯行を認める声明を発表。ホテルに侵入したとも主張しており、死者はさらに増える可能性がある。

 モガディシオでは2週間前の14日にも、ホテル周辺でトラックが爆発し、350人超の死者が出る事件が発生。地元政府がシャバブの犯行と断定している。

 今回の事件は大統領府にほど近いホテル周辺で発生。政治家が利用することも多いといい、市民や警官のほか、元議員らが犠牲になったという。

 イスラム国家の樹立や外国勢力の排除を目指すシャバブは、国内外のホテルや商業施設などへの襲撃を繰り返している。(ヨハネスブルク=石原孝)

こんなニュースも