[PR]

小さないのち 育ちを支えて

 2008年夏、終日カーテンを閉め切った宮城県内のアパートの1室。母親(44)は、出しっぱなしのこたつの前に座り、朝から晩までビールを飲んでいた。血を吐いても飲み続けた。

 空のビール缶が散乱する室内には当時5歳と4歳の娘2人もいたが、食事もろくに与えられていなかった。娘たちは空腹に耐えかね、母親に見つからないよう押し入れに隠れ、カップラーメンに水を入れて食べたこともあったという。

■小さないのち 育ちを支えて  かつてアルコール依存症から娘2人をネグレクト(育児放棄)状態にした母親。人生をやり直し、施設に預けられた娘たちとまた一緒に暮らしたいと、行政や病院、自助グループなどの粘り強い支援を受け、回復をめざした。

 酔った母親が娘たちをしかり、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら