[PR]

 新たな農業の担い手の新規就農者を育成するための研修施設「トレーニングファーム」が佐賀市富士町にできる。富士町の特産物であるホウレン草を栽培するための研修用ビニールハウス10棟・計約2400平方メートルと研修室兼倉庫約110平方メートルを建設し、JAさがや佐賀市、県などでつくる推進協議会が運営する。来年2月に完成予定で、研修生を募集している。

 10月30日、研修施設建設工事の安全祈願祭が同町であり、JAさがの大島信之組合長は「高齢化と後継者不足の中、トレーニングファームが新規就農者の育成・確保、地域の活性化などにつながっていき、農業振興に大きく貢献すると期待している」と述べた。

 研修生は原則50歳未満の夫婦または親族2人程度で、年2組計4人を受け入れる予定。研修費用は無料で、家賃補助もある。

 研修期間は2年間で、現役の地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら