[PR]

 鹿児島市の天文館にある商業施設「タカプラ」が、来年2月12日に閉店することになった。運営する高島屋開発が30日、発表した。周辺の再開発事業に伴うもので、11月3日から閉店セールを実施するという。

 タカプラは、1936年にデパート「大見高島屋」として開業。75年から「高島屋プラザ」となり、顧客から「タカプラ」の愛称で呼ばれたことから、90年に店名をタカプラに変更した。

 タカプラの周辺では現在、商業施設とホテルが一体となった施設をつくる再開発計画が進められている。「千日町1・4番街区市街地再開発準備組合」(牧野田栄一理事長)によると、約6千平方メートルの敷地に地上15階、地下1階のビルを建設。1~6階が商業・業務スペースで、7~15階がホテルになる予定だ。

 7月末には事業計画認可申請を県に提出。来年6月にはビルの解体を始め、2020年秋の完成をめざしている。

 高島屋開発は新施設の運営にも携わるが、タカプラとしての営業は終了することになる。同社の犬伏和章社長は会見し、「待ち合わせ場所としても親しまれ、さみしい気持ちでいっぱい。今後よりよいものを提供していきたい」と話した。(島崎周、町田正聡)