[PR]

 衆院選大阪10区で、前職3人の争いを制して7回目の当選を果たした立憲民主党の辻元清美氏(57)は午前9時半ごろ、国会の正面入り口付近で立憲の他の当選者と並んで記者団の取材に応じた。

 新党に移っての登院に「1カ月前はまだ立ち上げていなかった。本当に大きなチャレンジだったが、仲間と当選できて良かった」と述べた。一方で「本番はこれから。非常に厳しい国会になるので、力を合わせて荒波を乗り切っていきたい」と決意を新たにした。

 党の国会対策委員長として臨む。「責任重大。300議席以上の巨大与党に、戦艦大和に、竹やりで臨むような感じだ。ただ、量より質なので、少数精鋭野党で頑張っていきたい」と話した。

こんなニュースも