[PR]

 韓国の財閥、ロッテグループの企業内の不正事件で横領や脱税などの罪に問われた創業者で名誉会長の辛格浩(シンギョクホ、日本名・重光武雄)被告(95)に対する公判が1日、ソウル中央地裁であり、検察側は懲役10年と罰金3千億ウォン(約300億円)を求刑した。

 実刑判決の可能性もあるとして「90代で牢屋に入る初の財閥経営者になるのか」(聯合ニュース)など議論を呼んでいる。

 検察側は求刑理由で「地位や得た利益の大きさなどを考えると、年齢や健康状態を考慮しても厳罰を避けられない」と指摘した。

 辛被告は日本統治時代の192…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら