[PR]

 愛媛県と高知県を結ぶJR予土線の「鉄道ホビートレイン」に郵便の特設ポストが置かれ、乗客が車内から手紙などを投函(とうかん)できるようになった。JR四国と日本郵便四国支社が地域振興などを目的に結んだ協定の一環で、予土線オリジナルのフレーム切手やポストカードの販売も始まった。

 JR四国と日本郵便四国支社が10月19日、地域振興やサービスの維持を目的とした協定を締結した。日本郵便とJRグループが協定を結ぶのは全国初。人口減少が進む四国で、地域の特色を生かした商品開発や施設の相互活用で協力を進めていくという。ポストの設置や切手の販売などはその取り組みの一つだ。

 特設ポストは、初代新幹線の0系を模した「鉄道ホビートレイン」の車内に設けられた。乗客らがはがきや手紙(普通郵便に限る)を投函すると、JR宇和島駅で回収され、予土線オリジナルの日付印を押して郵送してくれる。来年10月ごろまで続ける予定。

 家族旅行中にホビートレインに…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら