[PR]

 米アップルの最新スマートフォン「iPhone X(アイフォーンテン)」が3日午前8時に発売された。携帯各社とも予約は好調。東京・表参道のアップル直営店の前には開店前に約550人が並び、インターネットでの予約が普及した近年では異例の長蛇の列となった。

 「Ⅹ」はiPhoneで初めて鮮やかな色彩が特長の有機EL画面を使い、顔を認識してロック解除する。アップル直営店で11万2800円(税別)から。ただ、部品の生産が遅れて品薄状態と海外で報じられ、アップルや携帯大手各社の初日販売分はネット予約でほぼ埋まったという。

 一方で、アップルはホームページ上で、予約なしでも直営店に早めに来店すれば「Ⅹ」を購入できると告知。この日行列の先頭にいた神奈川県の男子大学生(21)は「10月28日夕方から並んだ。ネットで発売初日に受け取る予約ができなかったので、入手するため来た」。他にも「予約がとれなかったので並んだ」という人が何人もいた。

 9月の新型モデル「8」の発売初日は、行列は約60人だった。業界関係者の中には「長い行列をつくって『Ⅹ』をアピールするアップルの戦略では」との見方もある。(徳島慎也)