[PR]

 昼の帯ドラマ「トットちゃん!」(朝日系、月~金曜昼0時半)で、黒柳徹子さんを演じている清野菜名さん(23)。ティーン誌のモデルとして芸能活動を始め、2015年には映画「東京無国籍少女」で主演を務めた。今回、全国ネットの連続ドラマは初主演となる。撮影で使う黒柳さんの可愛すぎる私物のことや、高校時代の新入生歓迎イベントでのエピソードまで、笑顔を絶やさずに話してくれた。

 ――今回のドラマの仕事を聞いた時の感想は。

 何がなんだかよく分からなかったです。信じられなくて。こんなすごい方を演じるんだと思うと、ちょっと怖いなあというのもありつつ、すごい体験をこれからするんだなと思いました。

 ――黒柳さんはどういうイメージで、何を通じて知っていましたか。

 お茶の間の人気者、というイメージです。番組でいうと「徹子の部屋」でしょうか。決まって見ているわけではないけれど、みんなが知っている。

 ――みんなが知っている方を演じるのは、プレッシャーがありましたか。

 私は基本、プレッシャーは感じないようにしてるというか、感じないタイプなんですけど。やっぱりこれだけすごい方を演じるとなると、周りからすごく言われたんで、それで変に緊張しましたね。友達とか、仕事でいった場とかで、「いや~すごいね」みたいなことを言われて、どんどんその言葉で自分が緊張しちゃいました。

 ――みんなが知っている方を、どういう風に演じようと思いましたか。

 プロデューサーの方とも話したんですけど、物まねにならないようにしようというのがありました。ふとした瞬間に徹子さんと重なる部分が見えたら一番いいですね、と話していました。

 今の徹子さんは皆さん知ってると思うんですけど、15歳くらいの時のことはあまり知られていないと思うので、私も思いっきり楽しんで演じようと。

 「徹子の部屋」、それにかつての「13時ショー」などでは、皆さんが思っている徹子さんと重なりやすいものもあるので、そこは寄せています。テレビに映ってるシーンは寄せて、プライベートのシーンは普通のかわいい女の子、というイメージで演じています。

 ――昔の番組を知って、感じたことはありますか。

 以前の時代のテレビは生放送で、ぶっつけ本番が当たり前。だからこそ何回も何回も練習して。皆さん、踏んでる場数が違うというか、そこは今にない、いいところだなと思います。以前のテレビのことを知ってる方もご出演なさっているので、今と昔の話ができて、楽しいですね。

 ――実際に演じてみてからの感想を教えて下さい。

 丁寧な言葉を使うということがすごく難しいなと痛感してます。“お”をつけるとか、“なされた”とか、そういう正しい日本語というか、正しい丁寧語というか。勉強にもなりつつ、すごく苦労している点でもあります。難しいですね。

 ――黒柳さんとお会いしたんですよね。どういう方でしたか。

 テレビで見ているのと、まったく変わらない方でした。おしゃべりが好きで、言葉遣いがすごくきれいだなと思いました。誰に対しても(態度が)同じで、そういうところはすごく尊敬できます。

 あとは、オシャレだな、と思います。全てのオシャレをされていて、ネイルから、サングラスから、持ってる小物一つ一つも、すごく凝ってるものが多くて。こだわりをお持ちの方だな、自分を本当にしっかり持ってらっしゃる方なんだなと思います。

 本当にかわいいんですよ。カバンとかも実際にお借りして、カモ?アヒル?の木でできているカバン。すっごいかわいくて。立体のものが多くて。船のバッグだったり、電話のバッグもあって、まったく同じサングラスがあったり。私も欲しくなりました。パンダの靴もあって。本当にパンダがお好きなんだなって(笑)。

 ――徹子さんの私物を使っているんですね。身につけると、どういう気持ちですか。

 サイズも含め、全部がぴったりなんです。靴もサイズぴったりで、丈もぴったり。徹子さんは、首まわりまである服が多いんです。首が隠れるような。首の太さって、人それぞれあると思うんですけど、これもぴったり。運命を感じました。

 自分が今まで見たことのないものを着けられるので、楽しいですよね。

 ――特に気に入ったものは。

 電話のカバンとサングラス。カバンは、持つ所が本当に鉄みたいな受話器で、重いんです。黒いカバンにダイヤルがついていて。

 ――徹子さんからはどういう言葉をかけられましたか。

 徹子さんは「私は戦争も経験したし、そういうつらいこともありましたけど、でも、その中でも私の人生はラッキーの連続だったので、楽しんで演じてください」と言ってくださったので、楽しんで撮影をしています。

 今日の撮影はセリフ量が多いのでパニックです(笑)。

 ――徹子さんと似ている部分はありますか。

 徹子さんは、興味を持ったことを、ダッーっと一気にしゃべるんです。会話をしていても、違う所に興味が移ったら、また全然違う話をいきなり違う方向から始められます。私はそれが面白いなと思った。自分もそういう所があって、直そうかなと思ってたんですけど。徹子さんを演じさせていただくことになってからは、それをプラスにとって、伸ばしていっていいんだなと思っています(笑)。

 ――視聴者に楽しんでもらいたい点は。

 徹子さんの人生は、びっくりす…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも