【動画】子どものための囲碁イベント「関西棋院山野基金こども囲碁大合戦 大阪秋の陣」=佐藤圭司撮影
[PR]

 関西在住の子どもたちが中心となって囲碁を楽しむ「第13回関西棋院山野基金こども囲碁大合戦 大阪秋の陣」(朝日新聞社など後援)が3日、大阪府門真市の東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドームであった。幼稚園児~高校生の約420人が囲碁の対局を通じて交流した。

 対局は、東軍(青龍〈せいりゅう〉)、西軍(白虎〈びゃっこ〉)、南軍(朱雀〈すざく〉)、北軍(玄武〈げんぶ〉)の4チームに分かれて争った。勝ち星の合計を競い、南軍が優勝した。着ぐるみ姿で陣頭指揮をとった関西棋院常務理事の田村千明(ちあき)三段(37)は「子どもたちに碁を楽しんでもらおうと、いろいろ工夫をしています」と話していた。

 北軍の神戸市立東舞子小2年の荒井隆二朗(りゅうじろう)さん(7)は、東軍の大阪市立木川小2年の片山陶子(とうこ)さん(8)と対戦。2人とも正座で対局し、対局が終わると礼儀正しく一礼し、「ありがとうございました」と言っていた。(佐藤圭司)

関連ニュース