[PR]

 おすすめしたい本を5分間で紹介し、投票で「最も読んでみたい本」(チャンプ本)を決める知的書評合戦「ビブリオバトル」の中高生の県大会決勝が3日、秋田市で開かれた。地区予選を勝ち抜いた「バトラー」たちが1冊を携えて熱戦を繰り広げた。

 5人が名を連ねた中学生の部では、秋田南高中等部の菅原愛実さん(2年)が紹介した「カブキブ!」(榎田ユウリ著)がチャンプ本に。菅原さんは冒頭に「だんだん越ゆる鳥居数(とりいかず)ー!」と、文中に登場する歌舞伎のせりふを会場中に響き渡る声で30秒間読み上げ、聴衆の度肝を抜いた。

 4人が競った高校生の部では、秋田南の古谷涼風(りょうか)さん(1年)の「阪急電車」(有川浩著)がチャンプ本に。古谷さんは笑顔を絶やさず、「読んだ後、心の底から笑顔になれること間違いなしです」と紹介した。

 投票に参加した市内の平野翼さ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら