[PR]

 「ノゲ」とは「崖」を意味する言葉であるといわれている。だが、それがなぜ「上野毛(かみのげ)」という漢字がついたのだろうか。

 徒歩約5分。閑静な住宅街の中に五島美術館(東京都世田谷区)が見えてきた。東急グループの基礎を築いた五島慶太のコレクションを中心とした美術館で、1960(昭和35)年に開館した。敷地面積約2万平方メートル。館長の高木仁(まさし)さん(63)は「眼下に多摩川を眺め、西に富士山を仰ぐこの地を五島翁(おう)は愛したのでしょう」と話す。建物には寝殿造りのデザインが取り入れられ、茶室とともに今年10月、国の登録有形文化財になった。

 学芸員の案内で館内を巡る。「…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも