[PR]

 フォアグラのような肝、「全体がトロ」と評される身……。あまり魅力が知られていない魚に注目し、高級養殖魚としてデビューさせる動きが出ている。魚離れが進む消費者の心を取り戻せるか――。

 3メートル四方のいけすが六つ。広島県呉市の漁港で、今月中旬の出荷に向けてウマヅラハギが「フォアグラハギ」になっていく。フォアグラは世界三大珍味の一つ。ウマヅラハギを太らせ濃厚な肝を多く持たせたものがフォアグラハギで、2014年に県が商標登録した。

 ウマヅラハギは定置網に多くかかり、一般的には高い値はつきにくい。脂がのる肝に注目した県立総合技術研究所水産海洋技術センターが研究。天然モノだと体重の5~15%とばらつきがある肝の重さを10%以上に安定させ、体重も200グラム以上にそろえた。

 育て方は門外不出。生産したい…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら