[PR]

 日本銀行は6日、9月20~21日にあった金融政策決定会合の議事要旨を公表した。この会合で日銀は金融緩和策の「現状維持」を決めたが、ひとり反対した片岡剛士審議委員が、いまの金利水準が「十分に緩和的か疑問」などと主張していたことがわかった。

 片岡氏は民間エコノミスト出身で、積極的な金融緩和による物価上昇を志向する「リフレ派」の論客として知られる。7月に審議委員に就任し、この会合が初めての参加だった。

 議事要旨によると、片岡氏は「資本・労働市場に過大な供給余力が残存している」として、2%の物価目標の達成にはもっと需要を増やす必要があると主張。それには、いまの金利水準ではまだ十分に低くないとの認識を示した。

 片岡氏の意見に対し、ある委員…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも