[PR]

 アイリスフーズは6日、スーパーやホームセンターなどで販売したパックご飯の一部に微生物による変質が見つかり、約50万食分を自主回収すると発表した。現時点で健康被害は確認していないという。

 対象は「低温製法米のおいしいごはん」で、容器の側面に印字されている賞味期限が2018年6月21日から18年7月11日までの商品。外気を遮断するためのフィルムと容器の接着が不十分で、衝撃ですき間ができ、中身のご飯にカビなどが発生する可能性があるという。

 10月11日以降、購入者から「ご飯が変質している」など7件の連絡があった。問い合わせは同社のフリーダイヤル(0800・888・6060)へ。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/